2006年3月18日(土)開催、ポエトリーリーディングライブの告知ブログ。
by aday0522
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:[Book]( 3 )
[book] なにしろ絵本好きなもので (むらた)
子どものころ、好きな絵本はなんでしたか?

「ぼくがサーカスやったなら」ドクタースース 
「くいしんぼうのあおむしくん」槇ひろし
「おおきなおおきなおいも」赤羽末吉
「ねないこだれだ」せなけいこ
「こねこのぴっち」ハンス・フィッシャー
「はろるどのふしぎなぼうけん」クロケット・ジョンソン
「やっぱりおおかみ」佐々木マキ
「かいじゅうたちのいるところ」モーリス・センダック
「みち」五味太郎
…and so on

私が幼少の頃によんで
トラウマ級のショックを受けた絵本たち、の一部。

ドクタースースってのはアメリカのひとなのですが、
アメリカの子ども部屋の本棚には必ず1冊あるといわれるくらい
有名かつ大人気の作家です。

なのに日本でほとんど知られていないのがくやしいったら!
ジム・キャリー主演、ロン・ハワード監督
映画「グリンチ」の原作者というくらいでしょうか。

「ぼくがサーカスやったなら」というのはタイトルどおり
主人公の男の子が近所の空き地を前に
「ぼくだったらここでこんなサーカスやっちゃうよ~」という妄想が
延々と続くだけの話なんですが、
韻踏みまくりの文章、派手な色使い、
ぞくぞく登場するみょうちくりんな鳥たち、動物たち
ちょっとしたサイケデリック体験だぜ、ぼっちゃん、おじょうちゃん。

あと「くいしんぼうのあおむしくん」jも「はろるど」も
もちろん五味太郎も佐々木マキも
いやいやスズキコージも荒井良二も
どっこいエッソもジョン・バーニンガムも語りたいんだけど
スペースの都合で・・・興味があるかたは
「A day」当日に声かけてくださいまし。
中野あたりで朝まで絵本話しましょう。
[PR]
by aday0522 | 2005-05-15 22:47 | [Book]
Book(satomune)
 本フェチです。もう、文字を見つめているだけで腰がガクガクする。パソコンの文字じゃダメ。紙の上の文字じゃないと味がしない。文章の内容というのではない。もう、本の存在自体が愛おしい。内容は本の存在を高めてくれるものであればいい。内容の薄っぺらい本は、神秘性に欠ける。書体やレイアウトは優れたものに限る。そんな大げさなと言われるかもしれないが、安易なものは、一見して分かる。といって奇抜なものはあまりいただけない。紙選びから、明朝なら明朝でどんなタイプなのかという書体選び、カーニングやマージンのとり方、神経が一文字一文字まで行き届いており、それでいて、そういうことを読者に悟らせない、そういう本。そういう本は手に持っているだけで至福の時間である。

 図書館や本屋にいくと、フラフラになる。なんだろう、裸の美女に囲まれた童貞くんのような気分だ。あんまりフラフラになるので、本屋に行くのがちょっと怖い。おおげさではなく、その場にへたり込みそうになる。それで、今度は自分が一生かけても全ての本が読めないことが悔しくなってくる。なので、目的の本を一冊決めて、わき目もふらずにその本にたどり着く努力をする。それでも、だいたいは、本の迷宮に迷い込んでフラフラになる。なので、最近はもっぱらアマゾンで本を買うようにしている。

 そういう本好きがこうじて、僕はいつの間にか装丁のデザインに関わることになっていた。念願叶ったと言うべきか、一日、ひとつの文字と向かい合ってああでもないこうでもないと唸っている毎日。なにかすごく辺鄙なところに自分が立っている気がする。そして、そういう文字好きがこうじて、僕はこの舞台に立つことにもなったのだ。してみれば、僕は人生丸ごと言葉の迷宮でさまよっているみたいなものではないか。それはそれでいい。でも、さみしいので、僕が見ている言葉の迷宮に一人でも多くの人を引きづり込みたい。さあ、どうぞいらっしゃい。
d0018729_12253083.jpg

[PR]
by aday0522 | 2005-05-12 12:25 | [Book]
テーマ[Book]について  しげかねの場合
生活において、本を読む、本屋にいく、立ち読みをする、という行為は
切っても切れない行為といえるのではないでしょうか?

 皆さんは最近どんな本を読んだりしましたか? 今回は本というか、
まあポエムショーなんで詩集をセレクトしますけど、僕は宮沢賢治の
詩を読みますよ。

実は宮沢にはすごくライバル意識を燃やしていて、岩手の記念館に行って
偵察したりしたこともあります。

子供の頃、宮沢の書いた話を読んでてっきりみやざわけんじという人が
外国の有名な人の話を訳したんだと思い込んでいたらそれが宮沢の
作った話と知り、(すげー、日本人のくせに、すげー)と思ったことがあります。

実は、[Book]がすごく楽しみです。
写真はニューヨリカンポエッツカフェ。このなかで「コロナビール」の発音を注意されました。

d0018729_430540.jpg
[PR]
by aday0522 | 2005-05-06 04:12 | [Book]