2006年3月18日(土)開催、ポエトリーリーディングライブの告知ブログ。
by aday0522
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ:東京公演-むらた( 3 )
ムラタ→サトムネ
策士である。曲者である。
回転が速い。仕事が早い。
このイベント用に写真を撮る日、
いきなりツーブロックにしてきて驚かせてくれた。

最初に意識したのは上野公園水上音楽堂
そう、ウエノ・ポエトリカン・ジャムのステージだったと思う。
客席の真ん中あたりから遠巻きに見た印象は
…こわかった。
完璧だったから。
ステージパフォーマンスとしてあまりに完成されていたから。

「ポエトリーリーディング」の浜辺で遊んでいたら
突如として沖に現れた
「演劇」や「アート」の国からの黒船、という感じ。


サラリーマンのストレス発散、想い出づくりと言われても仕方ないくらいの
ゆるい根性でリーディングしてきたオレには
そのアート魂が近寄りがたく、恐ろしいモノに思えた。

観なかったことにしようと思った。

実際、そのときの里宗(RADIO DAYS)のパフォーマンスは
ほとんど覚えていない。


それがなぜか今、一緒にステージに立つことになってる。
いや、オレが声かけたんだけどね。
なんでそんなことになってるのか自分でもわかりません。
[PR]
by aday0522 | 2005-04-11 22:16 | 東京公演-むらた
ムラタ→シゲカネ
声がでかい。背もでかい。
銀色のウルトラマンみたいなスニーカーをよく履いてる。

最初に会ったのは白山のジャズ喫茶「映画館」でやってた
オープンマイク「ラウンド・カッツ」だったと思う。
「兎男」という詩を読んでいた。爆音のブルースだった。

かなわんなあ。


今年1月の終わりごろ、ふたりでアメリカに旅行した。

マンハッタンの端にある
ニューヨリカン・ポエツ・カフェのオープンマイクに出場した。
しげは、べったべたなジャパニーズイングリッシュ発音でぶちかました。
「まい、すいーとはーと、るっくすらいく、らんでぃ・じょんそん!!!!!」
その最初のひとことで
客席を拍手喝采と大爆笑の渦に巻き込んだ。剛速球のポエジーだった。

ニューオーリンズのマルディグラというお祭りにも出かけた。
黄色や緑や紫色に飾り付けをした山車やオープンカー、それにブラスバンドが
メインストリートをパレードしていた。。
山車や車から観客へ向けて投げられるビーズの首飾りをキャッチすると、
幸福になると言われているらしい。

15分くらいして、ふとしげを見ると、いつの間にか
20本、いや30本くらい、それこそ首が折れるじゃないかと思うくらいの
ビーズをぶら下げている。
しかもそれを、アメリカンおばちゃん観光客に気前よくプレゼントしている。
「ふぉーゆー、ふぉーゆー」「for me?」「いえす、ふぉーゆー」
たちまちおばちゃん達のアイドルだ。

かなわんなあ。
[PR]
by aday0522 | 2005-04-11 21:44 | 東京公演-むらた
あたりまえのこと(むらた)
あたりまえのこと、ね。なんだろね「あたりまえ」って。

まあなんでそんなことを言い出したかというと
今回のPOEM SHOW「A day -生活。たまに、ポエム」のテーマが
「あたりまえのこと」なので、それについて語ってみようということなんですが。

そもそもなんでこのテーマになったんだっけ、えーと。

ライブをやろうという話になったのは一年くらい前のこと。
三河島のホルモン屋でマッコリ飲みながら
さとむね・しげかねに「なあ三人でイベントやらへん?」と
声をかけたのでした。

それから何度か、打ち合わせと称して
お茶の水の居酒屋で飲んで好き勝手にしゃべってるうちに
「詩」とか「芸術」とか大層なことゆうてても
まずは「生活」とか「仕事」とかっていうあたりまえのことの方が大事やんなあ、
というような話になって、このテーマが決まったのでした…確か。
(さと、しげ、ちごうてたら指摘して)

というかですね、そもそもオレの場合
リーディングしてても「詩」とか「芸術」とか
あるいは「エンターテイメント」とかあんまり考えてないです。

普通に寝て起きて生活してる中で
見たこと聞いたこと感じたこと考えたことを
できるだけ
見たまま聞いたまま感じたまま考えたまま
伝えられればいいと思ってる。それだけ。

もちろん、それが果てしなく難しいんですけど。

モネの「睡蓮」ってあるでしょう。
モネは睡蓮の絵を約250枚残しているらしい。250枚! 睡蓮だけで!
光によって表情を変える水面と睡蓮を見つめ続け、描き続ける。
白内障で視力を失いかけながら、死ぬ間際まで絵筆を握っていた
その情熱はどこから来ていたのだろう、と
ずっと考えています。

なんか話が矛盾してるかな。まあいいや。
[PR]
by aday0522 | 2005-04-07 01:11 | 東京公演-むらた