2006年3月18日(土)開催、ポエトリーリーディングライブの告知ブログ。
by aday0522
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
<   2006年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧
[News]ニュースは今そこで起こっている (さとむね)
居残り宿題第二弾「NEWS」です。ニュースですよっ!

******************

 日々、実に様々なニュースが行きかっている。昔、大人はなぜ、自分に関係のない、見ず知らずの場所の見ず知らずの人々のニュースに一喜一憂するのか不思議で仕方なかった。父はよくTVに向かって怒鳴り散らしていた。金属バッドで両親を殴り殺した青年のニュースに「根性が歪んどる!親の顔がみてみたい!」とわめいた。しかし、父さん、両親の顔はきっと見られないくらいにグチャグチャだろうね。そう言いたいのをこらえた。高校になってからは、ニュースというよりも、父のまるで感情的で破綻した論理に刃向かうのが面白く「それは違うね、ダディ」と反論し、マヨネーズのかけ合いをしたものだ。

 ニュースは常に遠くで起こり、遠くで決着が付いた。近くで起こった銀行強盗をTVで観てやっと実感したりした。世界は僕の外にあった。しかし、それはある日を境に反転する。僕はアーティストなんかになろうとして、日々、外部と遮断された場所で、モノツクリに没頭していた。向かい合うのは自分の精神世界だけだったように思う。そして、そういう者の誰もがそうであるように、精神を病んでいた。しかし、幸か不幸か、なんとかかんとか、それだけで生活できていた。しかし、そのある日はやって来た。まるで、僕の作った殻をぶち壊すように。1995年1月15日、阪神大震災。僕は実家と、僕の持っているものの多くを失った。ニュースは遠くで起こってくれなかった。僕は丸裸で燃え盛る世界のど真ん中に放り出された気分だった。ラジオのニュースにかじりついて、家族の名前がないことに深く安堵した。

 先日、ついに僕も誰かの父親になる日がくることを知った。はははは、パパである。無理に笑ってみる。心のどこにも届かない。今度は厳しい顔をしてみる。だめだ、口元がニヤけている。できちゃったのである。いや、できちゃってない。できるのを待ち望まれできるべくしてできたので、「できたじゃないか」というべきだろう。僕にもやればできるじゃないかという感じ。僕にも!なんだろう、こういう時の男性のふがいなさは。むしろ両親の方が上手に喜んでいた。ただ、これから僕に起こるであろう劇的な変化の予感だけが一番実感のあるものとして感じられた。観るもの触るものの心地が少しづつ違っているような気がした。大きく何かのチャンネルが変わったことだけが理解できた。

「もしも僕の子供が産まれたら」
 そんなことをよく想像して遊んだ。なにして遊ぶ?なにをお話する?ここで、ハッキリさせておきたいが、僕は子供と遊ぶのが天才的に上手い。子供の気持ちが手に取るように分かる。子供は楽しいだけでは楽しめないことも知っている。怖い、さびしい、悲しい、わからない、しりたい、痛い、くすぐったい、いろんな感情をまぜこぜにしてあげないと、心から楽しめないのだ。僕も子供もね。でも、本当にできちゃったので、とても戸惑っている。今から照れくさい。どんな顔してその子の前に行けばいいのだ?「あの、えー、エホン、非常に申し上げにくいのですが、僕が、いや、私があなたの父になることになりましたサトムネと申します。ああ、おたく様もサトムネですね、あー、始めまして」でも、大丈夫。きっとすぐにフリチンダンスで意気投合できると思う。そんなことを思うと、やっと胸に熱いものがこみ上げてきた。二人でフリチン合唱隊を結成するんだ。あ、女の子だったらどうするんだ?

 最近、ふと気が付いた。僕がTVに向かって文句を言っているのである。そう、あの父のように。なぜ、父がどんなニュースにも口を挟んでいたのかが今は良く分かる。世界は無関係ではないのだ。ニュースは僕の世界の中で、僕が責任を持たなきゃいけない場所で起こっている。僕はもうなにひとつ世界のせいにはできないのだと感じている。僕は生まれてくるだろう子供のために少しでも心地の良い寝床を用意しなければいけない。時には耳を塞ぎ、目を塞いであげなければならないこともあるだろうな。その子が傷つかないためなら世界の真実をすこしだけ歪めてもいいと思う。だって世界はあんまり危険すぎる。いつか自然に子供は僕に刃向かうようになる。それまでは、たくさんフリチンダンスを踊るんだ。僕の父がそうしてくれたように。
[PR]
by aday0522 | 2006-02-28 01:59 | [News]
ムツゴロウ しげかね
衣食住の中でも食べるっていうのは実に重要だと思います。
「食べられない」を経験するとそれはすごく理解しやすいですが
現在は、キャラメルを家族で割るとか、缶詰めこじ開けようとして
がんばっていて一息ついたらドイツ将校にずっと見られてたみたいな
ことはないので、それはそれなんですけれど、
単に、「おなかをふくらます」ことが目的ではない「スイーツ」の存在が
好きです。

大阪の思い出のスイーツといえば、「りくろーおじさんのチーズケーキ」
ですね(笑)
[PR]
by aday0522 | 2006-02-27 02:07 | [Food]
コモンカフェ下見&大阪営業
打ち合わせと下見、それとチラシ配布をかねて
大阪に行って来ました!

本日の大阪は残念ながらしょぼしょぼと雨。
しかし、そんなややダウナーな気分も
コモンカフェのおかげで晴れわたりましたよ。
思っていた以上にチャーミングな空間で、
コモンカフェ管財人・山納氏と打ち合わせ。

チラシも配りまくりました。
堀江のART HOUSEさん、degmeout CAFEさん、オソブランコさん、アンズさん
長堀橋のギャラリー・アビィさん、コンテンツ レーベル カフェさん。
それから天王寺・フェスティバルゲートのココルームさんにも
置いていただいてます。ありがとうございます。

地域コミュニティからのアート発信…というんでしょうか。
若手アーティストを支援する動きが
東京よりよっぽど活発なような気がしました。

d0018729_2124698.jpg
[PR]
by aday0522 | 2006-02-27 01:15 | 大阪公演-制作日誌
[Song]iPodを買った(さとむね)
東京公演の時、僕だけ、全部のテーマに日記書いてなかったみたいで
居残り宿題です。

**********************

 最近ね、「iPod」を買ったんですね。つい最近まで、絶対に買うもんか!と思っていたんです。周りの人々が、うれしそうに「iPod」の奴をちらつかせるのを見て「この資本主義の犬めが!」と心の中で罵っていたのですが、たった一度、会社の女の子に「iPod」の素晴らしさについて講義されただけで、尻尾振って次の日には購入しちゃいました。これね、すごい小さいのに、何十枚分ものCDが入っちゃうのね。それから、曲のタイトルとかも自動で入ったりしてとってもかわいい奴だね。シャッフルして再生したり、すごく頭がいいの。ほら、やっぱりみんな持ってるじゃん。なんかカッコいいじゃん、だから、欲しくなるじゃん、しょうがないじゃん。もう何とでも言って下さい。僕は犬です。ワンワン。

 はじめの数日はうれしくって、あのアルバム入れようか、これ入れようか、自分の自転車に乗っている様々なシチュエーションを考えて、曇りの日はコレ、天気の日はコレなんて想像するのが楽しくて会社遅刻したりしたのですが、変化はすぐに訪れました。数日もすると、飽きてきちゃったのです。人ってそうそう聴きたい音楽ってないもんですね。どれを聴いても自分の今の気分にぴったり来ない。逆に音楽を聴くことで、自分の気分を限定しているような気がしてきた。バッハな気分って言えば気分なんだけど、どこかで20%ほど美空ひばりが流れていて、でも、バッハを実際に聴くことで100%バッハな状態になってしまう。20%美空ひばりな気分の中にもしかしたら本日を生き抜くためのとても重要なヒントが隠れているかもしれないにも関わらずだ。

 音楽が携帯できるってすごいね、改めて。どれくらいすごいかというと…長くなるから止めておく。それは言葉が身体から切り離され声ではなく文字になったことと似ている。音は楽器や人の身体を離れいついかなる時も再生可能になった。そのことは人がどんな身体的状態や感情の状態に関わらず音楽が鳴るということ。脳みそが直接音楽を聴いているみたいなもの。つまり、例えば僕は、寒いと反射的に「♪おしくらまんじゅうおされてなくな」という歌が頭の中に流れる。何も考えないでいると、自分の状況に合わせて実に様々な音楽が流れていることに気付く。それはめまぐるしく1フレーズをなぞったかと思うと、次の瞬間、別の曲になっていたりする。そのように、心の中の音楽は今、本当に聴こえている音や身体的状況によって、曲を選曲している。時々、聴いたこともないような音楽が流れたりもして…。

d0018729_16235424.jpg というわけで、すでに「iPod」はポケットには入っているけれど、音を鳴らさないシンボルみたいなものになってしまいました。イヤホンは自宅に置いたままです。これは「Ihave MUSIC」というシンボルなのです。でも、僕が持っている「iPod」の方がもっと素敵です。いろんな自然の音がプレインされていて、音楽を取り込まなくても、好きなときに好きな曲の好きなところだけを聴くことができ、しかも、まだ録音されていない自分だけのオリジナルな曲も再生してくれる。それから、なにより誰の「iPod」にも入っていないだろう、豊かな沈黙がたくさん入っています。
[PR]
by aday0522 | 2006-02-26 16:25 | [Song]
ポエム・ショウ「A day in 大阪」まであと3週間。
本日は中野の村田宅でミーティング。
新作の演出プランも決定して(遅い?)本格的にテンション上がってきましたよ。

後半はビール&さとむね手製のおつまみでくつろぎモード。
05年ウエノポエトリカンジャム代表の馬野幹くんも合流して
夕方から酒盛りしております。ははは。

明日はコモンカフェに下見に行って来ます!!
[PR]
by aday0522 | 2006-02-25 19:13 | 大阪公演-制作日誌
かっこいいことはなんてかっこわるいんだろう (むらた)
先日、横浜で「no media」というリーディングイベントがありました。
フォークシンガーの友部正人さんが主催しているシリーズで、
今回は友部さんのほかに元「たま」の知久寿焼&石川浩司、遠藤ミチロウさま、
劇作家の宮沢章夫、そして御大谷川俊太郎などなどかなり贅沢な出演陣。

田口犬男さんが谷川俊太郎に贈る詩というのがよかったなあ。
宮沢氏のエッセイリーディングも確実に笑いをとってた。

でもなんと言っても個人的にインパクト大だったのは銀杏BOYSのボーカル・峯田和伸氏。
映画「アイデン&テティ」って観ました? 今どき素敵に直球な青春ロック映画。
その主役・中島を演じていたのが峯田氏なわけですが。
峯田氏自身がこれまたまんま「中島」な奴なのでした。

朗読(たぶんアドリブ)で
「恥ずかしい僕のはだか! 恥ずかしい僕の心! 恥ずかしい僕のアソコ!
…ココにあるのにアソコっていうんだ…」
とまあ、聴いてるほうが恥ずかしいわいって感じなのですが。
なんかね、かっこ悪すぎてかっこいいというか、
ダサ過ぎてむしろ「あんた最高に輝いてるぜ」というか。
この人がプロとして音楽やってるという事実がまぶしい。

いやあ、ええもん見せてもらいました。
オレも「A day」では恥ずかしさを捨てていこうっと。
[PR]
by aday0522 | 2006-02-23 02:10 | つれづれ-むらた
2月20日(月)雨降る四ッ谷
20時四ッ谷駅集合でミーティング…のはずが
安田制作部長以外、つまり里宗、しげかね、村田の3人が
そろって遅刻。ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。

その後里宗は先に帰りましたが
安田、しげ、村田の3人は南米料理の店で
ビール飲みながら打ち合わせ延長戦。

それにつけてもお客さん来てくれるのでしょうか。
微かに不安を抱えつつ、あーだこーだ言いながら夜は更けていくのでした。
[PR]
by aday0522 | 2006-02-21 01:00 | 大阪公演-制作日誌
2月18日(土)池袋のカラオケボックス
そろそろ演出プランを固めなければ本格的にマズイということで
東京の北の玄関口、池袋に集合。
(しげは仕事でお休み)

東京公演のときも定番だった
「カラオケボックスでのミーティング」を敢行。
ボックスに入ったのにカラオケの音量をゼロにして
ノートパソコンを開いて2時間みっちり打ち合わせする里宗、村田、安田。

ドリンクを運んできてくれたバイトの女の子の目には
さぞかし妙な集団に映ったことでしょう。
[PR]
by aday0522 | 2006-02-19 01:00 | 大阪公演-制作日誌
[Food] ムツゴロウに食べられる。(サトムネ)
 僕はまだムツゴロウを食べたことがない。でも、すごく食べてみたい。僕はとにかく何でも食べてみたい。好き嫌いというものがない。おそらく、なんだって食べ物だと言われたら食べる自信がある。虫でも、腐ったものでも。植物園で「これは食べられる植物です」と書いてあったら、コッソリちぎって食べずにはおれないという性分だ。いちどは、カカオの実がなっていたので、かぶりついてエライ目にあった。

 いきものがいきものを食べているんです。食うか食われるか。好き嫌いなんておこがましい。パンダがもし、笹の葉を嫌いになったらどうするんだ。ライオンはベジタリアンになれるのか?僕にはベジタリアンの意味がわからない。植物から見たら彼らは肉食人種である。あんまりうるさくアメ公の奴らが「鯨は頭のいい動物ですよ」というのなら、ジャパ公の僕が「植物は人の心を癒すやさしい友達」とグリーンピースに対抗してピーナッツを結成しますよ。

 肉食を否定する背景には「強者が弱者を食い物にする」という図式になにか後ろめたい気持ちがあるのだ。アメ公は胸に手をあてて考えてみてください。そこで、僕からの平和な提案です。もう一度、仲良く戦争をしましょう。食うか食われるかを再現するんです。そしたら、きっとその後ろめたい気持ちは一蹴されますから。それとも何ですか、僕が北極海に飛び込み、鯨の頭に直接かぶりついたら誰も文句は言いませんか?

 こういうのはどうでしょう。戦争を自由化します。でも、武器は刀のみ。殺していいのは、自分が食べきれる分だけ。殺した人を最後まできれいに食べてあげなきゃいけないというルールーをこしらえるんです。中国で、いろんな獣たちが毛皮を剥がされている。そんな映像を見て、先進国の人々は嫌悪します。じゃあ、自分で剥げばいいのにね。そういう人のためのルールーです。自分で食べる命くらい自分で責任もたなきゃ。

 昔々、自分がオオカミだった頃、僕はお腹をすかして一人砂漠をさまよっていたことがあるような気がする。そしたら、向こうからも、お腹を空かせたオオカミがやってくる。二匹は広い砂漠の中で鉢合わせ、しばし、見詰め合う。相手の喉がゴクリと鳴る。それから二匹はおもむろに腕を振り上げてじゃんけんをする。「じゃーんけーんぽい!」僕がパーを出し、相手がチーを出す。沈黙。そんな過去を思い出してみたり。

 ムツゴロウを美味しく食べるコツ。ムツゴロウに食べられるかもしれないという対等な関係にあれば、ムツゴロウの味もまたひとしおに違いない。もしくは、「わーいわーいムツゴロウが釣れた!」と狂喜して、捕まえたムツゴロウをわっしと掴んだら、ムツゴロウが手から離れなくなり、そのまま空の上へ引っ張り込まれる。巨大な顔が狂喜して「わーいわーい、人間が釣れた!」というシチュエーションを思い浮かべる。僕達はいつでも自分が美味しく食べられる心の準備をしておかなくてはならないのです。
[PR]
by aday0522 | 2006-02-18 00:03 | [Food]
[Food]ムツゴロウを食べる。(むらた)
はい、ども。

さて先日も書きましたが、今回の大阪公演には
東京ではやらなかった作品、演出もあります。

“A day”のステージは8つのパート、8つのテーマで構成されているのですが
大阪で新たに登場するテーマが[Food]。
うーん。食いだおれの町にふさわしいやね。


******

食べ物といえば…
わたくし、それほど食の好奇心旺盛というわけではないのですが
「ムツゴロウ」を食べたことがあります。
ええ、あの、有明海の泥にすんでるギョロ目のやつ。

発端は諫早湾の干拓問題でした。
湾を閉め切る堤防の工事がニュースになり
「ムツゴロウの海を護れ」という声が高まっていたころ。

当時、とある芸能雑誌の編集部にいたのですが
諫早湾のニュースを見つつ、
なんかこれをネタにできないかなーと考えておりました。
しかし諫早湾に行くほど取材費は出ない。そもそもニュース記者でもない。
そのときふと「ムツゴロウって食えるのかしらん?」という
素朴な疑問がわいたのでした。

食えるんですね、これが。
で、タレントのYくんを連れて、郷土料理の店でムツゴロウを食べるルポ。
これがちょっと面白かった。

ムツゴロウだけじゃなく、
有明ってのは珍味の宝庫なんですね。
板前さんが桶に入れて持ってきてくれたのは
あげまき、くつぞこ、うみたけ、たいらぎ…。
名前も見た目も、ちょっとホントに食べられるの?という感じのが多いけど
食べてみると結構いける。
Yくんやカメラマンと一緒に大騒ぎしながら食いましたよ。
仕事なので酒を飲めなかったのが残念。

「ムツゴロウの海を護れ」と言われても
ムツゴロウを見たことも触ったこともなければしょせんテレビの向こう側の話。
でも「あれって酒の肴にいいんだよねー」とわかれば
ちょっとだけ諫早湾に親近感を持つことが出来る。
ほんのちょっとだけだけどね。

そういうことからしか始められないことってあるんじゃないかな。
[PR]
by aday0522 | 2006-02-10 01:20 | [Food]